トップページ > コーポレートガバナンス協会について > ご質問と回答

協会に関するご質問と回答

コーポレート・ガバナンスって何ですか?

Corporate Governanceをそのまま訳して日本語では「企業統治」といいます。

企業とステーク・ホルダー(利害関係者)の権利と責任を扱う概念です。

コーポレートガバナンスは誰にとって必要なものですか?

Corporate Governanceをそのまま訳して日本語では「企業統治」といいます。

企業にとってはもちろんのこと、株主をはじめとする全てのステーク・ホルダー(利害関係者)にとって必要な知識です。広義に解釈すれば、企業に勤める従業員の家族、将来企業に勤める学生などにとっても無関係では無いと言えるでしょう。

コーポレートガバナンスとは何を勉強すればよいのですか?

  • コーポレートガバナンスの成立ちと現状。
  • コーポレートガバナンスの範囲は法律・経済、倫理、政治、金融など多岐の分野 にわたります。

このため、それらの分野についての概念・知識もある程度必要です。

コーポレート・ガバナンスって何ですか?

Corporate Governanceをそのまま訳して日本語では「企業統治」といいます。

企業とステーク・ホルダー(利害関係者)の権利と責任を扱う概念です。

コーポレートガバナンスがなぜ必要なのですか?

企業経営のメカニズムは従来からあり、それが有効に機能していました。

しかし、ビジネスにおける価値観の変化やグローバル化が加速する中で、日本従来の企業経営の枠組み(メカニズム)が環境に対応しきれなくなってきています。世界に通用する企業作りをするために、コーポレートガバナンスの概念を導入し、企業価値を高めることが必要となります。

リスク管理とコーポレートガバナンスとはどういう関係が有るのですか?

リスクとは予測できない危険、リスク管理(リスクマネージメント)とは営業活動に伴うさまざまな危険を最小の費用で食い止める経営管理(どちらも大辞林 三省堂)という意味です。

すなわち予測が困難な危険を含めて予防措置を講じる・発生したら最小の被害に食い止める企業管理(企業統治)が求められているのです。

法律とコンプライアンスは違うのですか?

コンプライアンスの対象は法律だけでなく、条例、規則、社内規範、倫理規範などを含みます。

コーポレートガバナンスを活用後、何かメリットがあるのですか?

ーポレートガバナンスは人に例えると健康管理(日々の節制や人間ドックなど)にあたるでしょう。直接的な効果は目に見えにくいですが、確実に成長・信頼の礎となるものです。

NPOとは何ですか?

Non-Profit Organization非営利組織の略。

政府や私企業とは独立した存在として、市民・民間の支援のもとで社会的な公益活動を行う組織・団体(新英和中辞典 研究社)のことです。

NPOとNGOはどう違うのですか?

NGOはNon-Governmental Organization非政府組織の略。

開発、人権、環境、平和など地球規模の問題に国境を越えて取り組んでいる非営利の民間組織のことです。